はなちin

拝啓@Cloneko様

拝啓@hanachin_様が来てたのでお返事書く。

作りたい時にサービスをぽんぽんと出してるけど、しっかりとは育ててないですね。

最近出したもの

その前に最近、何だしたっけ? 半年前ぐらいまで入れていいなら

  • Favtileはレキサスアカデミー終わるまで頑張って作ったけど更新停止中。
  • きょうのまんこは1万PV稼いだり、勃発的にPVが来るけど基本放置。
  • ひわいったーはOJAG行った後、発作的に作ったけど放置。
  • 無修正パンチラ画像も台風の時にパンチラサービス作りたくて突発的に作ったけど放置。
  • 尻拭いはきみひとさんのアレ。利用者居ない。放置。
  • Twileaksは法的に責任取れないので停止。放置。次ぎたい人が居たからソース渡した。
  • Kaneyaruは金クレのぱくり。アイコンのAPI動いてないっぽい。利用者いない。放置。
  • ギー沖のゴミ捨てお知らせbotはHerokuで動かすのだけ僕がやった。稼働中だけど捨てる人だいたい決まってる。
  • @cota2nfavはcota2nのツイート10分おきに全部ふぁぼる。稼働中。だれとく。
  • TwitterでハッシュタグつけてつぶやくとPivotalTrackerのStoryに入れるスクリプトはわりかし便利そう。稼働中。少しいじればいろいろ使える。
  • heroxflexは作ってたけど未完。
  • おんどぅる語掲示板は未公開。Railsでさくっ。
  • twicひのくまさんのブログみて突発的に作ったけどしょぼいし時間かかりすぎたしで公開してない。
  • XHAGO3で使ってもらったいいねのやつはどっかのPaaSで動かしてたけど、今動いてない。
  • ホモスレbotは僕のローカルで動かしてたやつが死んで今動いてない。次時間あるとき(1hぐらい?)Herokuでやる。

ぐらいか。あとは仕事関連。

質問とか本文への自分なりの考え

こたえていく。

今の時点で@hanachin_の子供達(作ったサービスとか企画したネタ)を育っててますか?

育ててないですね。でも僕は少しだけ育ってます。

  • きょうのまんこ公開後、くちこみで噂され1日で1万PVをたたき出す。はてブやTogetterやTwitterで口コミ的に広がると凄くアクセス伸びることを体感。
    • 「つぶやきたくなる」 要素を入れることが重要なのかも。
      • この場合タイトルが秀逸だったのかも。同様のコンセプトの「無修正パンチラ」はバズってない。
      • 有名な人やネタクラスタに拾われると一気にアクセス増える。
    • はてブのホッテントリや注目のエントリは協力を頼んだりすれば狙って出せる。
    • 最初にTwitterで広まった場合、Togetterでまとめ直して再度Twitter層に届けるのは効果的
      • まだ見ていない層に届けることが出来る。
      • Togetter見てるのもTwitter見てる層と被るので、うけるツボが同じなのかもしれない。
  • アクセスが落ちる前に別のソーシャルメディアで再度話題にしてアクセスかせぐなどする。アクセス解析重要。
    • リアルタイムにアクセス数を見て、落ちてきたところでTogetterのまとめを入れるなどしてアクセスかせいだ。
    • Twitter、Togetter、そして前回足りなかったのはNAVERまとめかな、とおもっている。
  • 一発ネタ系のものは繰り返しアクセスされることなかなかはないが、ネタがソーシャルメディアでぶり返してまたアクセス増えることはある。
    • この点、使ってくれてる人に不便な思いをさせてるのはもうしわけない。Favtileとか
  • その人に合えば、サービスを日常的に使ってくれる人はいる。

    • その人がどう使っているか、もっといいアクセス解析を入れた方がいいかも。
    • 聞いてみることも重要。
  • 自分で使うものはメンテナンスしたくなる

    • botとか特にそう。
    • 基本的に動かした後、手を加えなくてもいいものは、楽。
    • 作ったけど更新してないもの、放置しているものの中には更新する気持ちが全くおきない本当に一発ネタなものもある。
      • プログラミングの勉強には役立ってるかもしれない
        • リファクタリングまでやればその勉強にもなるのか?
        • ただ無意識に書くだけでは役立ってると言えないのでは?
        • Herokuにあげるまでの手順には慣れた感じ

子供とサービスを例えるのはなんとなく違う気がします。 僕に子供が出来たらさすがにそれは育てるとおもいます(僕がおもった以上にクズじゃなければ)。 扶養義務がありますし、親心もある(はず)なので、大切に育てます。 僕は子供に見返りは求めたくないです。

でもサービスを育てるのは子育てとは違う感じがします。

僕が何か作るときは

  • かっとなって作った。
  • 作りたい欲求が溜まってた。
  • 作ってと言われた。
  • 生活のため。

とかそういうことが多いです。 作ったものを育ててもこれ以上得るものがないのに無駄にエネルギーを使うことが出来ません。

それなら、ここに書いてない開発中のサービスのほうにもっとエネルギーを使いたい。

人とちがう行き方をしようとすると学習コストをふつーの人より多くかけないといけないよね?

人と違う生き方をしようとすると、人とは違うところに学習コストをかけることになるとおもいます。

その人が学習コストを多くかけないといけないかどうかは、その人がどう生きたいかによって決まるとおもいます。

でも気を付けてね。自分の正義と反対の正義の人がつっかかってくるといろいろめんどうだから。(例:おいら)

なのでこういうブログは書かない(意見が対立すると面倒だから)。書かないとおもってたのに書いてる…!

とくに某専門学校のエンジニア科のせんせー方はプロセスを大切にしているせんせーも多いのです。そこはいろいろ理解してあげてね。

いろいろとかプロセスとか抽象的すぎてわかりません><

僕も大事にしてますよ。

足りてないのは

  • いつでも僕が作りたいものを作れる力を維持すること。
  • 自分のなかでダメだとおもっているものごとを改善すること。
  • 改善するために考えること。

かな。

まとめる的ななにか

育ててるか?はおっしゃるとおりだと思うので今後に期待してください。 最近は調べものしすぎてアウトプットしてない感じが凄くするので、ブログもいっぱい書いていこうとおもいます。 まずは僕自信のコンテンツを育てたい。

Comments