はなちin

ターミナル関係の環境設定

今日はiTerm2 + zsh + tmux + vim で快適な256色ターミナル環境を構築するを見ながら少し環境設定。

Gitのログ見るためにTigを入れてみた。めっちゃ便利。インストールはbrew install tigでいける。

同じブログ見ながらbrew install tmuxでtmux入れる。設定ファイルは自分で必要な分だけ書く。 まあこんなもんでいいでしょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
# utf setting
set-window-option -g utf8 on

# set the prefix to ^T
set-option -g prefix C-t
unbind-key C-b
bind-key C-t send-prefix

# 256 terminal
set-option -g default-terminal "screen-256color"

最後のまとめの通り、スポーツとおなじで反復練習必要だとおもう。入れただけだと使わなくなりそうだし。出来るだけ脳みそ使わないでよくなるまで体にしみ込ませて行きたい。 zshもtmuxもvimもgitも、スポーツと同じく反復練習で体に憶えさせる必要があります。辛抱強く使っていれば、考える前に勝手に指が動くようになってるので、今まで敬遠していた人もあきらめずに頑張ってみてください。俺も、まだまだ精進しますので。

ついでなのでiTerm2をCommand + W で閉じないようにする

そのまえにスクリーンショットのファイル名をリネームした。ワンライナー可愛い。もっと奇麗に書きたい。

1
ruby -e 'ARGV.each {|f| puts File.rename($&, "#{$1}.png") if f =~ /shortcut.00(\d).png/}' *

設定手順

環境設定からキーボードを選択 キーボードショートカットタブを選択 左側のメニューからアプリケーションを選択 +を押して設定を追加する アプリケーションから、iTerm.appを選択する メニュータイトルからCloseを選択 新しいショートカットを押す 変更前はメニューのCloseの横のショートカットは、⌘W 変更後は^⌘Wになってる

Comments